HOPE YOUR FUTURE

外来リハビリテーション

運動療法の実施・指導 


低下した筋力や関節可動域を改善する目的で、各種運動療法(ストレッチング、筋力トレーニングなど)を実施しています。必要に応じて自宅でも行っていただけるよう、わかりやすい方法を提案するように心がけています。

テーピングの指導・実施 


疼痛の緩和、患部の保護、関節制動など、さまざまな目的で、テーピングを用いています。

動作の指導         


日常生活やスポーツ動作において怪我をした部位に負担が大きくなりすぎないように、安全で効率のよい動作や姿勢の指導を行っています。

物理療法機器による治療         


温熱療法、電気療法、牽引療法、水治療法など各種物理療法機器を取りそろえております。患者様の状態を、評価に基づき理学療法士が治療方法を選択します。

患部外トレーニングの指導         


とくにスポーツ選手では、復帰後の再発予防やパフォーマンスの低下防止に向けて、患部(ケガの部位)外の筋力や筋持久力を維持・向上することを目的にエクササイズの指導を行います。